使うほどに味がでるシンプルで存在感のある骨董品

ホウロウ製品をこころ和むインテリアに

住まいの中でももっとも道具の多いキッチンは、西洋の骨董品の種類も豊富です。現在のように電気器具がなかった時代の台所用品は歴史の重み以上に形や色、素材、用途などあらゆる面で新鮮といえます。長く使われてきた骨董品は驚きと新鮮な感動がいっぱい詰まってますし、毎日、何度も使う場所ですから機能性だけではなくやさしい質感をもつ古い道具で、こころ和むインテリアをつくることが可能です。 キッチンの骨董品で代表格と言えばホウロウ製品になります。今のように様々な種類の素材がなかった時代には水に強くて丈夫で割れにくいという特徴は理想的だったのです。色の種類も豊富なホウロウ製品はキッチンの彩にも欠かせません。ホウロウ製品は幾多の改良を重ねた歴史から時代による違いがみられるのが特徴です。下地の素材の違いなどもあり、持った時にずっしりと重いものが初期のものになります。重さの次に確認したいのがホウロウ加工の回数で回数が多いほど陶器の様なツヤをもち耐久性にも優れていて高級品です。